マネーフォワードの保険の見直し診断

3つのメリット

01

必要な保険に絞り固定費を削減!

現在、保険に入りすぎていませんか?「高頻度かつ大きな損失」は社会保障でカバーできる*ものが多いです。
マネーフォワードの保険の見直しでは、「低頻度で損失が大きいもの」に絞って、あなたにあった保険を提案します。

*職業等によって内容は異なります
必要な保険に絞り固定費を削減!
02

貯蓄が増えれば、保険料は節約可能

あなたの現在の貯蓄や社会保障に応じて、保険で備えるべき保障は本来少なくなるはずです。家計改善を行い、保険を見直すことで保険料を下げられる可能性があるので、定期的に見直してみましょう!

貯蓄が増えれば、保険料は節約可能
03

納得感あり!削減できる理由

あなたが現在加入している保険は、必ず入らないといけないものでしょうか。保険金額の減額や解約等、検討する余地があるかもしれません。それぞれの理由は以下からご確認ください。

納得感あり!<span class='d-block d-md-inline-block'>削減できる理由</span>
9月リリース予定!

長期間でのシミュレーション診断

現在の診断は、死亡保険は3年間、医療 / がん・就業不能保険は直近6ヶ月の保障を必要最小限の保険として診断しています。
9月リリース予定の診断では、長期のプランにそった診断をリリース予定です。ご期待ください。

マネーフォワードが提供する他サービスのデータを連携し、利用規約個人情報の取り扱いについて

【保険の見直しにあたっての留意事項】
1.健康状態などにより、新たに保険に入り直すことができない場合があるため、保険を解約して新たな保険に入り直す際には、新たな保険契約のお引き受けの結果が判明した後に手続きを行ってください。
2.保険を解約すると保障がなくなります。解約後に契約をもとの状態に戻すこと(復活)はできません。
3.新たな保険は解約した元の保険とは別の契約になります。そのため、新たな保険については責任開始日が変わるとともに、免責期間はゼロからの開始になりますので、ご注意ください。
4.保険契約を解約した場合
・たとえば、ご加入からの経過年数によっては解約控除などが適用され、多くの場合、解約返戻金は払込保険料の合計額より少ない金額となります。
・特別配当請求権など、一定期間の保険契約の継続を条件に発生する配当の請求権を失う場合があります。

<診断を受けても不安な場合は>

「持病が不安」「貯金を切り崩したくない」「がんは特に不安だからお守り的に入りたい」などの不安があった場合、プロのFPと相談しながら決めることもできます。

LN-RT-30722-210721

マネーフォワードが提供する他サービスのデータを連携し、利用規約個人情報の取り扱いについて